月別アーカイブ: 2013年8月

スイスの防衛に学ぶ

皆さんは、戦争や災害対策で備蓄をしていますか?我が家は災害対策として1週間分くらいの備蓄をしていましたが、なんでもそれでは足りないそうです。それで最近アマゾンで、「民間防衛―あらゆる危険から身をまもる」という本を購入してみました。この本、何がすごいって民間防衛術を教えてくれるものなんですが、スイス政府が国民向けに出版したものを採用しているという点です。しかも昔スイス人は、2年分の備蓄を政府から推奨されていたのだとか。もちろん戦争になって四面楚歌になった時に必要だからなんですが、2年分も備蓄するなんて、ちょっとありえないかなあって思いますよね。でも、実際には2年分備蓄するなんて、一部屋が必要ですよね?倉庫みたいな。一応我が家では押入れの下の段を開けて、そこに備蓄用品を詰め込むかなあって思っているんですが、家族には馬鹿にされています。でもさ、これから先何があるかわからないじゃないですか、ね?そう思って備蓄しましょう!

スイスの備蓄を見習う

最近知ったことに、スイスは国が国民に2年間の備蓄を呼びかけていたそうで(現在では4か月分とか言ったかな)、戦争になっても持ちこたえられるようになっていたのだそうです。それで日本も明日は我が身なのかもしれないので、何かあっても1か月くらいは自宅に籠れる状態にしておいた方がいいんじゃないかなあ~って思ったわけなんですよね。なので、とりあえずは防災用品をちょっとずつ集め始めました。まずは、防災ラジオとか首からかけられる懐中電灯とかをかいました。マラソンの時用のものなんですが、明るいので夜道を逃げるときには良いみたいですよ!子供たちの首からかけて迷子防止にもなるし、ちょうどいいかなって思っているわけなんですよねえ。ま、うちのほうは津波が来ることはないはずなので(海抜100M)、津波で逃げてくる人を助けるほうになるかと思いますが(沖縄ですから)、何かあっても持ちこたえられるように備えをしておこうって思うようになりました。

備蓄点検しよう!

今年の秋は、大地震だか何だかの自然災害が発生するという地震予言なんかがあるみたいですね。ロン・バードさんというちょっと胡散臭そうな占い師さん(笑)は、2~3ヶ月後の日本が戦争状態よりも酷い光景になっているのが見えて、それが完済だという話だそうで、福島以上の災害が都市で発生なんだそうですよ~。ちなみにロシア人の科学者(?)でミヤネヤに出演していた人は、1年半以内、要するに2014年の春までに南海トラフ巨大地震が発生する可能性が高いと言っていますし、沖縄のカミンチュも今年の10月が場所は関東ですがやばく、これが誘発となって3連動地震が起こると言っていますし(それで富士山の噴火も誘発ね)、私がいつもチェックしている地震の予兆などをデータも加えて教えてくれているサイトでは、伊豆のほうで巨大地震が起こる可能性と、来年の春までに地震と噴火が起こる可能性を警告しているんですよね。ってことで、皆さん備蓄点検しましょう!