スイスの備蓄を見習う

最近知ったことに、スイスは国が国民に2年間の備蓄を呼びかけていたそうで(現在では4か月分とか言ったかな)、戦争になっても持ちこたえられるようになっていたのだそうです。それで日本も明日は我が身なのかもしれないので、何かあっても1か月くらいは自宅に籠れる状態にしておいた方がいいんじゃないかなあ~って思ったわけなんですよね。なので、とりあえずは防災用品をちょっとずつ集め始めました。まずは、防災ラジオとか首からかけられる懐中電灯とかをかいました。マラソンの時用のものなんですが、明るいので夜道を逃げるときには良いみたいですよ!子供たちの首からかけて迷子防止にもなるし、ちょうどいいかなって思っているわけなんですよねえ。ま、うちのほうは津波が来ることはないはずなので(海抜100M)、津波で逃げてくる人を助けるほうになるかと思いますが(沖縄ですから)、何かあっても持ちこたえられるように備えをしておこうって思うようになりました。